NEWS

セミナーを開催します【サイバー攻撃が発生! そのとき“内部”で何が起こっているか?】

スプラウトと台湾のセキュリティ企業CyCraft社との共催で、セミナーを開催いたします。
ファストフォレンジックにご興味のある企業の方は、ぜひご参加くださいませ。

【サイバー攻撃が発生! そのとき”内部”で何が起こっているか?
ファストフォレンジック・ソリューション「CyCraft AIR」のご紹介】

今や、いつどこで誰がサイバー攻撃を受けてもおかしくない時代です。攻撃手法はますます巧妙化しており、脅威から完全に防御することは至難の業です。もし攻撃を受けてしまった場合、被害を最小限に抑えるためには、適切な処置を迅速に施すことが必要不可欠です。

時間が経過すればするほど、実害は拡大していきます。その先には、顧客やメディアへの説明が待ち受けているかもしれません。サイバー攻撃に対する後手の対応は、企業の信頼や株価を左右しかねない深刻な問題です。そこで世界の潮流として、侵入されることまで想定したセキュリティ対策が非常に重要になってきています。

本セミナーでは、サイバー攻撃が発生した際、システムや端末の内部で何が起こり、どのように被害が拡大していくのか、引き金となった事象は何か、といった普段あまり触れられることがない攻撃の実態について、事例を元に解説します。そのうえで、侵入後にどう攻撃者の動きを捕捉するかについて、AIを用いた最新のファストフォレンジック・ソリューション「CyCraft AIR」で実演を行います。

解説するのは、ダークウェブに関する数多くの執筆や講演を持つスプラウト代表取締役社長の高野聖玄と、台湾のサイバーセキュリティ企業CyCraft社の共同創設者Benson Wuの二人です。台湾は地政学的にAPT攻撃(Advanced Persistent Threat)に対する知見が深く、類似の攻撃キャンペーンの矛先である日本にとって、学ぶべきケーススタディが数多くあります。Benson Wuはその台湾だけではなく、BlackHatやDefconでの講演を通じて世界的にも認められているセキュリティ専門家です。極東アジアに向けられたサイバー脅威について知りたい方には必見のセミナーになります。

なお、セミナー終了後に簡単な懇親会のお時間を設けております。登壇者へ個別に質問していただいたり、参加者同士で交流を深めていただければと思います。

    • 共催
      株式会社スプラウト
      CyCraft社(※現在、社名変更手続き中のため、リンク先はCyCarrier社になります)

 

    • 日時
      2018年11月14日(水)15:00〜17:45 @品川
      2018年11月15日(木)15:00〜17:45 @大阪

 

 

    • 対象
      サイバー攻撃対策をご検討中の企業・団体のご担当社様
      サイバー攻撃対策製品・サービスを企業・団体に販売される販売店様
      ※競合他社、競合製品をお取り扱いの会社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

 

    •  定員
      品川会場 30名
      大阪会場 20名
      ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

 

    •  参加費
      無料

 

    •  タイムテーブル
      14:30 開場
      15:00 開始
          株式会社スプラウト 代表取締役社長 高野聖玄 講演
          「サイバー攻撃が発生! その時、内部で何が起こっているか?」
      15:30 休憩
      15:40   CyCraft社 共同創設者 Benson Wu 講演
          「極東アジアに向けられた脅威への対処
           インシデントレスポンス自動化の重要性」(仮)
      16:45 懇親会
      17:45 終了

 

INFORMATION

サービスごとのお問い合わせも可能です。
お気軽にご相談ください。