Threat Research

脅威リサーチ(ダークウェブ調査)

脅威リサーチ(ダークウェブ調査)とは

サイバー空間に存在する最新の脅威情報を収集し、お客様に関連するサイバーリスクを分析、対策の全体設計と実装を支援するサービスです。リサーチでは、脅威情報の収集にあたり、ダークウェブの攻撃者コミュニティに対する潜入調査や、防御側コミュニティである各国のセキュリティ専門家やホワイトハッカーとの独自ネットワークから「生」の情報を取得し、分析素材とする点を特徴としています。

サイバー空間に広がる新たな脅威

サイバー空間には様々な脅威が存在しますが、その急速な広がりから新たな驚異となっているのがダークウェブです。

  • ダークウェブの闇市場

    近年、インターネットの深淵とも言える“ダークウェブ”空間において、様々な違法取り引きが行われる闇市場が拡がっています。これらの闇市場では、サイバー攻撃によって盗み出された機密情報や個人情報、マルウェア、スパイウェア、DDoS攻撃などが取り引きされており、さらなるサイバー攻撃を引き起こす要因として、各国の法執行機関の間でも大きな問題となっています。

  • ビジネス化するサイバー攻撃

    ダークウェブの闇市場では、匿名性の高い仮想通貨を支払うことで、様々なサイバー攻撃ツールを手に入れることができます。また、DDoS攻撃代行サービスやクラウド型のランサムウェアといったサイバー攻撃を請け負うサービス事業者も急増しています。サイバー攻撃急増の背景には、こうした攻撃のビジネス化が進んでいることがあります。

脅威リサーチの事例

スプラウトでは、お客様が置かれている状況に立ち、現在どのような脅威が存在するか、
また今後発生しうる可能性があるかを調査いたします。

  • サイバー攻撃によって盗み出された情報が闇市場に出回っていないかを調査

    企業や組織がサイバー攻撃を受けた場合、盗み出された機密情報や個人情報などは「ダークウェブ」と呼ばれるインターネット空間に存在するサイバー闇市場などで売買され、より深刻な二次被害をもたらすケースが少なくありません。スプラウトでは、サイバー攻撃に関連した機密情報や個人情報が漏洩していないかをダークウェブも含め調査し、もし重要な情報が発見された場合は、その対応策についてもサポートします。

  • 特定企業に対するサイバー攻撃兆候がないかを調査

    企業の知的財産を狙ったサイバー攻撃は年々増加しています。スプラウトでは、サイバー攻撃者のコミュニティ動向を分析し、特定の業種や企業を狙った攻撃ツールやターゲットリストが出回っていないかなどの特殊な脅威調査も請け負っています。

チーム

スプラウトは国内におけるダークウェブ調査の第一人者と言っても過言ではありません。ダークウェブという言葉がまだ一般に馴染みのない時期から独自に調査を続けており、その知見が認められ、現在数多くの企業から調査の依頼をいただいています。日本でも数少ない独自にスレットインテリジェンスを収集しているチームです。

全体の流れ

お申込み

数日〜1週間

NDA

お見積もり

契約

事前準備

1週間〜数ヶ月

調査実施

1日

中間報告会

1週間〜数ヶ月

調査実施

1週間

報告書作成

1日

最終報告会

ご請求

価格

サービス規模などにより変動しますので、下記のお問い合わせからお気軽にご相談ください。

INFORMATION

サービスごとのお問い合わせも可能です。
お気軽にご相談ください。